CAD資格の種類と難易度、取得するメリット、初心者におすすめの資格、勉強法を解説

CADに関する資格にはどのようなものがあるのか、資格を取得した方がよいのかお悩みではないでしょうか?

CADオペレーターは必ずしも資格が必要なわけではありませんが、資格を持っている人の方が就職活動では有利になります。

この記事では、CADオペレーターにおすすめの資格の種類から所得する難易度、取得するメリット、初心者におすすめの資格、勉強法まで詳しく解説します。

CAD資格の種類と難易度

CADに関する主な資格は以下の4つです。
•CAD利用技術者試験
•建築CAD検定試験
•オートデスク認定資格プログラム
•Vectorworks操作技能ベーシック認定試験

CAD利用技術者試験

CAD利用技術者試験は、CADプログラムの専門知識と能力を評価するための試験です。

CADの基本的な処理とコンピュータの専門知識を網羅しているので、これからCADを勉強する方や機械、自動車、建築の分野に携わる人に有益な試験と言えるでしょう。

CAD利用技術者試験には、2次元と3次元の2種類があり、それぞれ試験内容や対象者に特徴があります。

基本的な2次元CAD利用技術者診断は、初心者やCADの勉強を希望する人に指定されており、2級はCADオペレーターに携わる人材や勉強中の人、1級は機械や建築領域の設計者やオペレーターに合わせた試験になっています。

3次元CAD利用技術者チェックは、機械や生産現場で3次元CADシステムを利用している方向けに書かれています。

建築CAD検定試験

建築CAD検定試験は、1993年に日本初の建築の領域に特化したCADシステムの民間検定試験です。

この試験は筆記試験ではなく、実技が必要なため、CADの知識がない方にはハードルが高いかもしれません。

建築関係の製図や設計に活かせるので、不動産関係の設計や製図を目指す方にお勧めの資格です。資格は4段階に分かれており、準1級~4級となっています。

建築CADを取得することによって、自身が実務レベルの設計図面を作成できることが証明されます。

等級の高い試験に合格すれば就職や転職活動を有利に進める材料にすることもできるでしょう。建築業界での採用率を上げられるのが資格を取得する上での大きなメリットです。

ただし、就職や転職に有利な資格という側面では、最低でも2級以上の資格が必要となります。試験を受ける人の多くは就職や転職活動を有利に進める材料としているため、受験者数も2級試験が最も多いです。

オートデスク認定資格プログラム

オートデスク認定資格プログラムは、AutoCADを製造しているAUTODESK社が認めている評価です。

このプログラムはAutoCADを設計した会社AUTODESKによって作成され、かなり尊重されています。

また、CADソフトの中で現実的な操作を把握するためのアセスメントであるため、日本でも多くの方が受験し、資格を取得されています。

オートデスク認定資格プログラムは、試験の内容がAutoCAD製品に適用される実用的なものであるため、AutoCADプログラムのユーザーを対象としています。この資格は世界的に見ても価値が高いので、国を越えて業務を拡大したい方にもお勧めです。

Vectorworks操作技能ベーシック認定試験

Vectorworksは、インテリアデザインに特化した優れたCADプログラムであり、室内家具のプロを目指す方にお勧めの操作スキル認定試験も提供しています。

インテリアデザインのための総合的なCADユーティリティとして、インテリアデザインの仕事を目指す方は、ぜひ受験してみてください。

Vectorworksの日本総代理店である株式会社エーアンドエーが実施しており、受験料は3,300円(すべて税込)、自宅から気軽に受験することができます。

CADオペレーターに資格は意味ない?いらない?

CADオペレーターは必ずしも資格が必要なわけではありません。

しかし、同じ資格を持っている人と持っていない人が面接を受ける場合、免許を持っている人の方が就職活動では有利になります。

そのため、このCADを使って仕事をしたいのであれば、ぜひ資格を取得することをお勧めします。

資格はいくつかあり、「CADトレース技能検定」や「CAD利用技術者試験」など、公的なものから非公的なものまでさまざまです。

特に後者は、CADツールの使用に関する習熟度や適性を示すのに有効です。

2003年現在、「3次元CAD利用技術者試験」と「基礎試験」の2つのレベルがアップし、より広い範囲をカバーするように設計されています。

どれを選んでも間違いではありませんが、自分に合った資格はどれかを考えてチャレンジすることをお勧めします。

資格取得により、CADソフトの幅広い知識と適性を身につけ、業務への理解も深まります。

資格を取得するメリット

CADの認定を受けることで、企業イメージの向上、生産量と効率の向上、インスピレーションの強化などのメリットがあります。

貿易で使用されるCADスキームのさまざまな種類で、一般的な計画ソフトウェアの特性は、CADの努力の正確さと速度がひとにますます依存しています。

しかし、CADの認定試験の勉強をすることで、CADの能力を計算しながら学ぶことができ、このカスタマイズの素因を減らすことができるのです。

そして、「できる人」が増えることがわかり、有資格者の活用により、業務の習熟度や生産性が高まることが期待されます。

また、CADの資格を持っている企業と持っていない企業を比較すると、仕事を依頼する側からすると、CADの資格を持っている社員がいる企業の方が選ばれる可能性が高くなります。

例えば、現場でCADの資格を保有する作業者を明らかにすることで、外部からの信頼性を得やすくなります。

同様に、企業のWebページで「人材育成支援」を公開することも、求職者に積極的にアピールできる。また、資格の取得を支援することで、社員のモチベーションアップにもつながると考えられます。

初心者・未経験者におすすめの資格

CADの経験がなく、CADオペレーターを目指す場合は、まずCAD利用技術者試験から始めるとよいでしょう。

この試験は、2Dと3Dの2つに分けることができます。そこから、各区分ごとに、基礎、2級、1級と習熟度別に資格が追加されています。

まずは、2DベーシックレベルのCADシステムの基礎から、インターネットプロトコル、データセキュリティ、著作権法まで、幅広い内容を3カ月かけて勉強します。

また、CADは製図の理解も必要なため、その知識も問われます。CADは知識だけでは務まりませんので、これらの資格取得を目指し、仕事全体を理解することが重要です。

CADの資格を取るには

独学

CADの資格は、市販の教本や過去問を購入したり、動画サイトで提供されている教育用ビデオを見たりして、独学で取得することが可能です。

しかし、CADオペレーターは実践的な能力を必要とする仕事なので、独学での暗記は就職や資格取得後の転職や就職が極端に有利に働くことは少ないです。

試験や就職・転職に有利になるためには「経験」が重視されます。そのため資格取得のための学習期間中に十分な実務経験を積んでおくことが重要です。

テキストではなく、動画で学ぶのもおすすめです。動画はスマホで見れるので、電車での移動や、ちょっとした隙間時間で効率よく勉強ができるのがポイントです。

動画の種類も豊富なので、自分に合ったものを見つけ学習効率を上げることも可能です。動画で使い方を覚えたら、過去問を解きましょう。

過去問を解きながらわからないところは、テキストを見て復讐するのが合格への近道です。また、実践には知識が不可欠なので、理解や専門用語、過去問はテキストで、手順は動画で学習するのをおすすめします。

講座受講

CADの資格取得は、スクールや通信講座で行うことができます。

スクールであれば、どんな疑問にも答えてもらえるので、自分が疑問に思ったことをすぐに解決ができます。

難易度の高い資格を取得したい場合は、学校に通うか、通信講座で課程を修了するのをおすすめします。

独学よりは費用が掛かりますが、2万円前後という低料金で受講できるスクールや通信講座もあります。

スクールによっては、初回講座無料など、お試しで講座を受講できる所もあるので、自分に合ったスクールを探すのもおすすめです。

資格の取得は、低レベルのものであれば独学でも可能ですが、複雑なものになると、膨大な労力と費用が必要になります。

スクールや通信講座は独学よりも費用が掛かるデメリットはありますが、格段に学習効率が上がり、合格率が上がります。

難易度の高い資格に合格するためには、少しでも学習効率を上げ、疑問を解消して試験に挑むのが大切です。

時間帯効果と合格率アップを考えると、費用はかかってもスクールや通信講座の受講を検討する価値はあります。

-------------------
オフに行きたい「岬めぐりと灯台旅」あの場所を探してみませんか
今年の新しいトレンドとして「岬めぐりと灯台旅」が注目されています。
あなたも灯台旅のガイド本を参考にして、オフに行きたいあの場所を探してみてはいかがですか。
おすすめガイド本: 灯台旅 ー悠久と郷愁のロマンー、藤井和雄著、2023年11月発行、¥2,860
日本最北端流氷のオホーツク宗谷岬灯台から日本最南端サンゴ礁の石垣島御神埼灯台まで、
7年をかけて著者自ら現地を巡り撮影した、全国100カ所の灯台ストーリーは圧巻です。
掲載されている全国灯台100カ所の一覧は、こちらへ


灯台旅 ー悠久と郷愁のロマンー 【Amazon】
灯台旅 ー悠久と郷愁のロマンー 【Rakuten 楽天】
半島や岬の突端から大海原遥か彼方にまで光を届ける灯台の姿は、四方を海に囲まれた日本列島ならではのたぐいまれな魅力ある光景だと思います。灯台を訪ね歩いた巡礼の旅は、灯台の灯りを一身に受けた明るい未来に向き合う旅といえるでしょう。
-------------------


建設CADと資格
建設分野でデキる人が使う技術レポートに注目した